自分で出来る外壁セルフ診断について

メールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ(05068756407)

自分で出来る外壁セルフ診断

 
 
 

外壁の危険サインが自分でも分かる!


建物の外壁には、そろそろ塗り替えが必要であることを示す危険サインが様々な形で現れており、症状によってどんなメンテナンスが必要か、おおまかに知ることができます。外壁リフォームが今すぐ必要なのかどうか、自分の家がいまどんな状況なのか。まずはご自身の家をじっくりと観察してみましょう。住まいの各部位を丁寧に見てゆけば劣化している箇所が見えてきます。それがどんな原因で起きているのかを把握して、放置することでどんな危険性があるのか知っておきましょう。

外壁の危険サイン
 
Q and A
 
クラックと呼ばれ、放置すると中に水が入り、雨漏りの可能性があります
Q and A

壁にひび割れができた

クラックと呼ばれ、放置すると中に水が入り、雨漏りの可能性があります

サッシまわりや外壁のつなぎ目に発生するひび割れのことをクラックといいます。構造クラックとも呼ばれ、放置していると中に水が入り、雨漏りの原因になります。

 
Q and A
 
チョーキングが発生すると塗装が分離して外壁自体の劣化を早めます
Q and A

壁にさわると触ると粉がつく

チョーキングが発生しています。塗装が分離して外壁自体の劣化を早めます。

壁面を手で触れると白い粉がつく状態をチョーキングといいます。これは塗料が分離して粉化を起こしている現象です。塗料が外壁を保護する機能を失っている状態ですので、外壁自体の劣化が早まります。

 
Q and A
 
壁の汚れは塗膜が痛み出したサイン
Q and A

壁の汚れがかなり目立つ

塗膜が痛み出したひとつのサインです。水切れが悪くなり、そこに汚れがたまります。

防水機能が低下して水切れが悪くなることにより汚れが付着しやすくなっている状態だと思われます。外壁が経年劣化によって防水機能を失っています。

 
Q and A
 
外壁塗装_外壁リフォームのペイントライン
Q and A

外壁にカビや苔がある

外壁のカビや苔は内部に浸水している恐れがありとても危険です!

外壁に発生しているカビや苔は見た目以上に危険です。カビの根が壁面まで潜り込み、内部へ浸水している可能性があるためです。内部に浸水している場合は構造材自体を交換しなければならなくなります。カビや苔が目立つ場合は早めにメンテナンスを行いましょう。

 
 
外壁のお悩みならペイントラインにご相談ください!
 
spacer
spacer Spacer